FC2ブログ

東北ドライブ旅行①

以前から検討していながらも、いろいろとあって実行できなかった長距離ドライブ旅行。
東北6県を走破予定で、最も遠い訪問地は、青森市~五所川原市。
京都からの直線距離は約1,100kmだが、観光をしながら左右前後の動きがあるために実走行では片道1,500kmで、例えると京都から東京までの3倍の距離にあたる。
東北旅行の道のり
GW・3日目の4月29日の朝に自宅を出発。
最寄りの高速ICゲートを通って直ぐに渋滞に巻き込まれる。
渋滞が1時間続いたものの、名神高速道のいつもの渋滞箇所は、スムーズに通過することが出来た。

同乗のマッキーといえば、何所へ連れていかれるのものか気になるようで、走行中ずっと立ち上がったまま仁王立ち。
東北旅行ドライブ中
いつもの事であるが、マッキーはウインカー音やSAやPAでバック駐車する時のピーピー音に反応して 「 ワーワー 」 とわめいている。
これは駐車後に一人取り残されはしないかと警戒している証拠。


名神高速~北陸自動車(敦賀~富山)ルートで新潟方面へ。
数年前の新潟ドライブ時にも立ち寄った米山SA(新潟県)にて、マッキーの夕方散歩を兼ねて長めの休憩をとる。
米山SAより佐渡島を望む
ここは、日本海がパノラマのように開けて見える高台にあり、天気が良ければ佐渡島が見える。
この日もかすかに佐渡島を確認することが出来た。


翌日は、クラゲ展示で有名な山形県 「 加茂水族館 」 へ朝一番に着きたいので、出来るだけそこに近い道の駅で車内泊することに。
19時半に山形県に近い新潟県の道の駅・朝日(まほろばの里)に到着。
GW中とあって広い駐車場に多数の車。
道の駅・朝日(まほろばの里)
我々同様に車中泊と思われる車が、50~60台。
キャンピングカーが15台ほど、残りの殆どがワンボックスカーを中心としたRV車。
道の駅・朝日(まほろば温泉)
敷地内には 「 まほろば温泉 」 と便利。


<1日目のドライブ結果>
自宅を8時20分に出発して数度の休憩で奥さんとの運転交代をしながら11時間余り、620~630km走行して新潟県北部の道の駅・朝日(まほろばの里)に到着。
東北旅行の道のり(1日目)
山形県境まで、残り35~6km。
車用に買った車内泊用マット(8cm厚)に寝転びながら、LEDランプ下で東北ガイドブックを見て明日の訪問地の確認。
さて、車内泊用マットの初めての寝心地は?



スポンサーサイト

哀れ背割り提の桜並木

少し前の話ではあるが、前回の桜公園に続く内容なのでブログアップ。
例年通り背割り提(正式名:淀川河川公園背割堤)へ散策。


毎年、人出の多い 「 さくら祭り 」 を避けて、その直前に散歩するのであるが、今年の桜は遅れていたので、 「 さくら祭り 」 終了直後に散策。
噂には聞いていたが、桜並木のあちこちに昨年の台風21号襲来のつめ跡。

駐車場に着いて背割り堤のわき道から見た桜並木は、花の密集度が低くて寂しい状態。
寂しい桜並木

わき道から背割り堤に上がって直ぐに、大きな切り株が数か所。
台風被害が大きくて、切るしかない状況だったと思われる。
倒木の跡
大きな木になればなるほど、風の影響が大きい。
背割り提の上を歩いていると道路の際には大きな凹みがある。
多分、これは倒木を根っこ丸ごと処分した跡?

倒れてはいないものの太い枝が、ポキリ、ポキリ。
倒壊を免れた木も太枝がボキリ
あちこちに、こんな状況が見られる。

約1.4Kmにわたる桜並木の先端近くまで歩いて行った。
もはや桜のトンネルではない桜並木
台風被害で枝の総量が少なくなったために、もはや桜のトンネルとは言えない残念な状況が続いていた。


ちなみに、昨年の背割り提が、次の写真。
昨年の背割り提ー桜のトンネルを散歩
さくら祭りの直前、まだ満開ではない時期に写したものであるが、まさに桜のトンネル!
今年と昨年では全く異なる風景。



花見散歩その1

例年通り、近くの桜公園へブラリ。

昨年の台風21号襲来時には、付近の街路樹や公園での多くの倒木が見られた。
花見で有名なこの公園でも折れた沢山の桜の枝が、公園の一角に積み上げてある。
桜公園1
しかし、公園全体としては、例年通りきれいに咲いており、満開状態で枝ぶりも見事。


公園内を散歩していると見覚えのあるワンコが、こちらへ向かって走ってくる。
桜公園2
いつもの散歩仲間 「 みみ 」 とそのご主人。
「 マッキー 」 もさっそく 「 みみ 」 に挨拶。


挨拶を終えると、 「 みみ 」 が、いつものように私の足元に。
狙いは、オヤツの入っているカバン!
桜公園3
近寄ってきた時に抱っこしようとすると、後ずさり。
オヤツを見せると、また近寄ってくる。
毎回、このツンデレが何とも言えない(笑)。


留守番グッズ

最近、いろいろとあって毎日のように半日~1日出かけることが多く、マッキーも長時間留守番が続いていた。

そんな時に役立つのが留守番グッズ。
歴代の3種類の留守番グッズが下の写真。
歴代の留守番グッズ
どれも内部にオヤツを入れておき、ワンコが留守番グッズの中のオヤツを食べようと、噛んだり転がしたりして、もがいている間に飼い主が出かけることになる。


第1、第2世代共に市販のゴム製で、オヤツを投入口に入れる。
留守番グッズへのオヤツ投入口
第1世代は、商品名 「 コング 」 。ひょうたん形状で、膨れたところはかなりのゴム厚。
オヤツを軽く入れるとオヤツが直ぐに飛び出すし、逆に大き目のオヤツを奥へ押し込むと取り出すのが難しくなる。
マッキーは、1年前に硬いデンターオヤツを食べ続けたことで顎を痛めたこともあり、最近は使用中止。
第2世代は、入れれるオヤツのサイズが小さくて、留守番用オヤツを多めにあげることが出来ない。


市販の留守番グッズには、一長一短あり、いろいろ考えて最近使っているのが第3世代。
ペットボトルとオヤツ
と言っても、500ccの空ペットボトル。
飲み口からオヤツを投入して使う。

待ち状態のマッキー。
オヤツを待つマッキー
この時点で、早く渡してくれ(=食べたい)と、 「 ギャーギャー 」 わめきだす。
まさに出かける直前にオヤツ入り留守番グッズ(ペットボトル)を床に置いてやると、すぐに 「 ガラガラ 」 と音を立てて転がし始める。


鼻で転がしたり、前足でパンチしたりしながら、ペットボトル内のオヤツを出して食べるという繰り返し。
留守番グッズでオヤツ・ゲット
最初は、オヤツを出すのに時間がかかっていたが、猫パンチのようにバンバン前足で連続パンチすれば簡単にオヤツが出ることを学習して、最近は簡単にオヤツを出してしまう。

このペットボトル製の留守番グッズは大容量なので、長時間に留守番させる時には、お腹が減らないようにと沢山のオヤツやドックフードを入れることが出来るので便利。

わんにゃんドッグ

マッキー(ブルポ3世)6才。
7歳になればシニア犬、体調不良も増えてくると思われるので、ペット保険の加入も検討中。

その前に、ブルポ3世代(マーチ/マーブル/マッキー)共にお世話になっている〇△動物病院に1日入院して 「 わんにゃんドック 」 。
わんにゃんドック案内書
料金は高いものの、「 超音波検査 」 、「 X線検査 」 、 「 血液検査 」 、 「 尿検査 」 と検査項目の揃っている 「 ②しっかりコース 」へ。


この表が血液検査表で、この中の十数項目が検査対象。
わんにゃんドックの血液検査


わんにゃんドックを受けてから3日後に、全ての検査結果が判明。
・血液検査/X線検査/超音波検査については、問題なし。
・尿検査において、わずかな血液成分と結石につながる成分が見られたので、とりあえず1か月間の食事療法を行うことに。


〇△動物病院から推奨されたドッグフードは、ロイヤルカナンの療法食 PHコントロール。
療法食PHコントロール・フード
1kgのフードで2,500円、3kgで6,200円程度と、通常のドッグフードの2~3倍。
マッキーは、たくさん食べたいワンコなので、量を食べることのできるカロリーの低いライトタイプを購入。

食事療法1ヵ月後に、良い結果の出ることを祈る。




プロフィール

ブルポマスター

Author:ブルポマスター
写真が変わったよん
ブルポ2世・マーブルに抱かれるブルポ3世・幼犬マッキー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード