越前クラゲと釣り

久し振りに舞鶴沖へ釣行。
9月初旬以来、2度ほど釣りに行く準備をしていたものの海が荒れて出陣できていなかった。

出港して直ぐに越前クラゲに出会う。
ニュースでは聞いていたが、数年前の大発生時よりも数が多いようだ。

越前クラゲが、直接悪さはをしないと分かっていでも直径1mを超えるようなものが近づくと
やはり不気味さを感じる。
左の写真は釣竿を出している時に、近寄ったクラゲを撮影したものであるが、釣竿と見比べて
いかに大きなクラゲであることが分かると思う。
クラゲを避けるようにボートコントロールするも避け切れず、エンジンにぶつかると小型ボートでは
結構ショックを感じるので少々気持ちが悪い。

ボートを囲む越前くらげ
         <釣竿と越前クラゲ>              <ボートを囲む越前くらげ>


まずはエギングを開始し、何とか中型アオリイカ1杯を釣り上げたが、エギを追ってくるイカの姿
も殆ど見られないので、アジや青物を狙っていつもの沖合いのクリへ移動。

ところが、肝心の魚探が不調。
水深・地形や魚影が見えない状況ではあるが、GPSに記録してある過去の好釣果ポイントを
中心に水中アンカー入れて流し釣りを開始。
直ぐに小型のマダイが釣れるが、後が続かず。

しばらくして小さなナブラが近づいて来た直後に、自作サビキ仕掛けの竿が大きくしなる。
水面まであと数mまで巻き上げたところで痛恨のバラシ。
少し時間が経って、大きめのナブラが立ったので、サビキ仕掛けを10mほど先へ投げると、
仕掛けが沈みかけて間もなく、青物と思われる大きな当たり。
慎重に巻き上げると何と大きな2匹のアジが見えてきたので、丁寧にタモですくい上げる。

当日の釣果は以下の通り。
数は今ひとつであったが、予想外の大アジを2匹ゲットと、まずまずの感触で帰宅した。
 ・平アジ 40cm 2匹   ・マダイ 25cm 1枚  ・アオリイカ 300g 1杯 
 (同行のボンレス2世もほぼ同様の釣果)

大アジGet
                <大アジをGet>
スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ブルポマスター

Author:ブルポマスター
写真が変わったよん
ブルポ2世・マーブルに抱かれるブルポ3世・幼犬マッキー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード