FC2ブログ

ブルポのハプニング

つい先日まで、真夏かと思わせる暑さが続いたかと思えば、一転大雨&蒸し暑さ。
元気のなくなりかけていた散歩道の草花もこの雨で息を吹き返し、まさに梅雨真っ盛り。

梅雨につきものの紫陽花についてのマッキー(ブルポ3世)のハプニングについて。

私が裏庭で農作業中していると、いつものようにマッキーがご主人の様子を伺いに顔を出す。
ご主人を伺うマッキー
                  < 裏庭のご主人を伺うマッキー >

そこで、いつものように軒下の指定席(高台)にマッキーを座らせて、農作業再開。

暫らくすると何か音がする。
よく見ると、マッキーが少し離れたところにある紫陽花の葉っぱの先っぽをムシャムシャと
食べている。
届きそうにない距離にある紫陽花だが、目一杯に首を伸ばして、マッキーは本当に食いしん坊。
とは言っても食べたのは、1枚の葉っぱの1/5程度。
裏庭の紫陽花とマッキー
                   < 裏庭の紫陽花とマッキー >


その後、マッキーに異変が起こる。
裏庭での農作業を終わってリビングでコーヒーを飲んでいると、マッキーが苦しそうに背中を
丸めて朝食のドッグフードを戻している。
吐瀉物の後片付けしてホッとしたところで、再度マッキーがドッグフードを戻す。
しばらくして、3度目の嘔吐。
今度は、胃に何も無いので胃液らしきものしか出てこない。

これですっきりしたのか、いつもの通り元気に走り回りはじめたので一安心。


ネットで紫陽花ついて調べて、葉っぱに青酸配糖体という有毒成分のあることが分かった。
症状は嘔吐、めまい、過呼吸、興奮、ふらつき歩行、痙攣、麻痺など。
食べた量が多いと、これらの症状を経て死亡する場合もあるという。
この青酸配糖体、自然界には多く存在する物質のようで、意外に身近な植物に含まれており、
例えば、青い梅や、梅干の種、アンズの種などにも含まれているらしい。

今回は食べた量が少なかったのと、3回の嘔吐で胃の中が完全に空っぽになったので、
この程度で済んだと思うと共に、飼い主の管理不行き届きだったと反省。


日本国内では、プロの料理人が、紫陽花の葉の毒性を知らずに刺身のツマや料理の添え物
として出したり、なかには天ぷらとして出して中毒を起こしてしまった例があるらしい。



最近は、狭い裏庭を高密度に栽培している夏野菜の手入れに手を取られ、ブログ更新も滞り
気味。
スポンサーサイト

テーマ : トイ・プードル
ジャンル : ペット

プロフィール

ブルポマスター

Author:ブルポマスター
写真が変わったよん
ブルポ2世・マーブルに抱かれるブルポ3世・幼犬マッキー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード