FC2ブログ

懐かしのお寺

例年通りお盆の時期を外して8月末に故郷の両親の墓参り。
その足で、数年ぶりに故郷とは30km離れた兄のお墓へ。

お寺&お墓の駐車場に着いた直後に後方から声がかかる。
誰かと振り向けば、このお寺のご住職。
130830ご住職
                       < ご住職 >

130830本堂と住居
                      < 本堂と住居 >
130830本堂内部
                       < 本堂内部 >

このお寺では4代目のご住職、会うたびに風格がついてきた。

ご住職とは旧知の仲というか、遠縁にあたる。
実は、私の学生時代にこのお寺に1年半ほど下宿させていただいていた。
その時に当ご住職は、まだ中学生。
住職の同級生を私が家庭教師していたことや、今は在京のお姉さんなど思い出話に花が咲いた。

また、私のブログも時々見ていただいているようで、私よりも車から降りるマッキー(ブログの主人公:ブルポ3世)に先に気がついたとのこと。

スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

トマトのテント屋根

夏野菜の代表、トマトも色付きが悪くなると共に皮と果肉が少し固めとなり、まさしく終盤・・・・・

我家の裏庭菜園におけるトマト栽培過程では、例年、中盤~終盤には 「裂果」 、 終盤となる8月中旬からは 「害虫被害」 に悩まされる。

今回は、元職場仲間で話題になっていた 「トマトの裂果」 がテーマ。

一般的にトマト裂果の原因は、 「トマト表面の濡れ」 と 「多量の灌水」 と言われている。

「濡れによる裂果」 は、完熟トマトを食べる前に洗って濡れたままに放置すると見事に縦割れすることで理解できる。(店頭トマトは、見かけ赤くても収穫時は緑色の残る完熟手前品なので、水濡れでは割れることは少ない)

一方、 「多量の灌水よる裂果」 は、外側の皮の成長に比べ、大量吸水による内部の成長の方が早いため起こると言われている。
従って、この原因による割れは、全く赤みのない緑色の未熟果でも起こる。

我家では、雨によるトマト裂果に困って、昨年から対策した。
対策とは、簡易的な自家製ビニールテント屋根の設置。(費用2~3千円)
プロのビニールハウスのように完全に雨(濡れと多量の灌水)を防ぐことはできず、100%の効果ではないが、かなりの効果はあり、今年もビニールテント屋根を設置。

テント屋根は、トマトのサイズが大きいほど効果があるように思う。
というか、路地栽培で裂果対策しない大玉トマトは、完熟時には半数以上がひび割れだらけという哀れな結果となる恐れ。
雨よけテント屋根・斜め横写真
                 < 雨よけテント屋根・斜め横写真 >
雨よけテント屋根・下~上方写真
                 < 雨よけテント屋根・下~上方写真 >

我家の裏庭の家庭菜園に設置した 「雨よけテント屋根」
その大きさは、長さ1.8m x 幅1.2m x 高さ1.1m。
テント屋根を斜め横方向からの撮影と下から上方向への撮影。

100円ショップで買ったトンネル栽培用のアーチ型支柱を主たる骨組みに、直棒の2m支柱で強度補強して、それに菜園用ビニールを貼ったもの。
市販のトマト用雨よけテントに比べて半額程度の費用でできたが、何よりオーダーメイドなので、我家の菜園の大きさににピッタリ合うのが良い。

今年はここに4株のトマト苗を植えた。
(2株の大玉(桃太郎)トマト苗、1株のミディ(フルーツ)トマト苗、1株の小玉のアイコ苗)

雨よけテント屋根の下で育成した右側のトマトと、雨よけテントなしの差は明確。
雨避けテント屋根の効果
                   < 雨よけテント屋根効果 >


HOW TO本には、これ以外に畝にマルチシートを敷いて多量灌水を防ぐとか、水はけを良くするために高畝という手法が書かれているが、トマトの根は、縦横方向にかなり広範囲に広がるので、これらの手法では大きな効果は期待できない。
マルチシート銀色ライン入り
               < マルチシート銀色ライン入り:7月6日撮影 >

実際に我家では、何年も前から雑草や油虫および乾燥対策のために写真のように銀色ライン入りマルチシートを敷いているが、多量の灌水によるトマトの裂果防止効果を感じたことはない。


8月18日時点での雨よけテント屋根の下に地植えした4株のトマトの収穫状況。
(昨年とほぼ同程度)
 大玉(桃太郎)2株: 50弱、 ミディ(フルーツ)1株: 100余、 小玉(アイコ)1株: 200余

この4株とは別にプランタで、1株の大玉(桃太郎)と2株のミディ(フルーツ)を栽培している。
地植えとプランタ栽培による収穫は、地植えの方が個数で2割多く、品質面でも若干上回るように思われる。

トマトも今の調子では今月末~来月上旬で終了予想。
味覚の面では、7月中旬~8月上旬がピーク。


テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ブルポマスター

Author:ブルポマスター
写真が変わったよん
ブルポ2世・マーブルに抱かれるブルポ3世・幼犬マッキー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード