スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散歩の途中で・台風一過

台風11号が通過して1週間。
京都南部地域には風の影響は少なかったとはいえ、台風通過直後の散歩コースには、
いろいろな物が落ちていた。

いつもの公園にて滑り台を楽しんでボール遊びコースにさしかかると、すぐにマッキーが
走りだす。
その先をみると、何やら茶色いボール状の物が落ちている。
台風の落し物 「松ぼっくり」 。
先代ブルポ(マーブル)は、松ぼっくりが大好きだった。
松ぼっくりの時期には、散歩の度に松ぼっくりをくわえて帰るので、玄関近くには
マーブルのコレクション群があった。
道に落し物?


マッキーは、「待て」 命令で制止させられた後もジリジリと松ぼっくりににじり寄ってくる。
多分、大好きなボール類と思ってる。
ボール?松ぼっくり

よそ見したとたんに、マッキーがパックリとくわえて、ご主人大慌て。
食いしんぼうマッキーを放置するとバリバリに噛み砕いてしまう恐れがある。

「ア~ン」 の命令で、口を開けさせて松ぼっくりを取り上げたが、本人(犬)は不服顔。
草むらへ廃棄するまで、ご主人の手にある松ぼっくりを見ながら
欽ちゃん走り(横~斜め歩き)で帰宅。



スポンサーサイト

小玉スイカ収穫

ここ数年、プリンスメロンを栽培していたが、5年振りにスイカを栽培中。
4月末に買った小玉スイカ苗を少し大きめの鉢に植え替えて成長させ、5月末にフェンス際の
レンガで囲った指定の場所に定植。

親づるが10節になったところで摘芯し、5~6本の子づるが勢いよく伸びてきたので、
それをフェンスに巻き付けさせる。

つるを放置すると上方向に伸びようとし、全ての子づるがフェンスの上に重なり合うので、
フェンスの上段、中段、下段に仕分けて横方向に伸ばしていく必要がある。
しかし、同じウリ科のキュウリやメロンに比べるとスイカのつるは柔軟性に欠ける。
従って、縦方向に伸びるつるを一気に横方向に強制させようとするとポキッと折れてしまうので、
縦方向のつるを徐々に横方向に強制させるには意外と手間と時間が暇かかる。
実際に10回近くつるを折ってしまった。
小玉スイカ栽培
8月5日には6個の着果が確認され、そのうち写真にある①~④が確実に成長している。
実が鶏卵の大きさを超えると実の重さでつるが切れる恐れがあるので、玉ねぎやミカンを
買った時についているネットをハンモック状に加工したり、カゴに受けたりして育てる。


インターネット情報によると、小玉スイカの収穫時期の目安は、受粉日から30~35日。
実の根元の巻きひげが枯れて、つる部分の上部の実の部分にへこみが見られるという。
この条件に合った7月2~4日ごろに受粉した①のスイカを初収穫。
小玉スイカ初収穫
重量2kg強、直径15cmと小玉スイカとしては上限の大きさに満足。
半日余り冷蔵庫に入れて、包丁を入れ始めると、スイカ自らがパリパリと割れ始めたため、
十分熟したことが推測できる。

マッキーも匂いにつられて。。。。。



小玉スイカの特徴である皮近くまで赤みがあり、すも入らず丁度いい感じ。
僕もスイカ食べたい
甘さもあり、まさにスイカの味。
マッキーもオコボレ頂だいということで、スイカの周りを離れない。
ご主人より実の切れ端をもらって。。。。。
スイカの味を覚えたかな?



プロフィール

ブルポマスター

Author:ブルポマスター
写真が変わったよん
ブルポ2世・マーブルに抱かれるブルポ3世・幼犬マッキー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。