FC2ブログ

2年越しの藤棚

9年前のGW(ゴールデンウイーク)に宇治・平等院へ行った時に、たまたま見事な藤棚に出会ったのがいまだに心に残っている。
関西では兵庫県の白井大町藤公園(朝来市)と白毫寺(丹波市)に見事な藤棚があることを知ったが、前者がペットの入園が禁止なのに対して、後者はペット同伴OKということで、白毫寺(丹波市)に決定。


ライトアップも見たいので遅めに出発、また、京都より100Km足らずの距離なので、高速使わずに国道と県道を使った地道ルート。
もう少しで目的地という地点で、舞鶴若狭自動車道・春日ICから白毫寺(丹波市)に向かう車の車列、ナビ地図で測ると5kmを超える大渋滞。 

出直しも考えたが、時刻はまだ午後2時半、すぐ近くの道の駅「 丹波おばあちゃんの里 」で、夕方まで渋滞解消待ちすることにした。
しかし、ここも若干の駐車場待ち行列。


ここには、かなり広い芝生場があり、マッキーもかみさんと遊び放題。
道の駅で
私の方は、車のドアを開放して、しばしゴロ寝。


午後4時半すぎて道の駅付近の車も空いてきたので、再び白毫寺に向かったが、それでも2kmの渋滞で、目的地まで50分のトロトロ運転。


白毫寺の本堂にてお参りして、本堂の裏の向かうと、そこは全長120mにもなる見事な藤棚。
白毫寺の藤棚
早速に藤棚の前で記念撮影パチリ。
ここは、別名 「九尺藤の寺」 と言われているが、実際の藤はお寺の関係者も認めるように 「九尺(270cm)」 はなく、「五尺(150cm)」 程度。
とはいえ、見ごたえのある藤棚。


藤棚の中に入るとさらに景色は変わる。
藤棚の中で
上を見ると藤の雪(花)が、降り注いでくる感じ。


7時前からライトアップが始まり、陽が沈みかけると藤棚が一層浮かび上がってくる。
また、それと共に色合いが変わってきた。
ライトアップした藤棚
藤棚の中に入っていくと不思議な世界、まさに幻想的。


例年の藤の満開は、5月GW(ゴールデンウイーク)明けてから。
暖冬の今年は例年より10日程度早めで、GWにはすでに満開状態だったらしく、GW明けの当日は、既に花の勢いが落ちつつあった。
ただし、遠目ではほとんど分からない。
それにしても、すごい人数の参拝者(鑑賞者)だった。




スポンサーサイト

カット毛の塊

寒い冬場は、ブーツカットしていたマッキー。
ここ最近暑くなってきたのと足の毛がもつれやすいので、思い切ってバッサリ。

シャンプーしてカット台(電子ピアノ椅子)の上で布団乾燥機によるドライング。
前回のトリミングしてからまだ1月半にもかかわらず、ブラッシングすると丸々とした容姿。
カット前の丸々マッキー
一か月に1cm伸びると言われているシングルーコートの毛、結構伸びるものだ。


自宅トリミングを始めて2年くらいになるが、ここ1年半の毛(仕上げ時の細かな毛は含まず)を集めたのがこの写真。
マッキーの毛・1年半分
1回あたりの毛は少量だが、「チリも積もれば・・・」 とあって、量(かさ)はマッキーの胴体と同じ程度となった。
総量は意外と軽くて250g。
おおよそ2か月間隔でカットしているので、9回分として1回あたり30g弱。


カット毛の撮影しているとマッキーがやってきた。
自分の毛を匂いに来るマッキー
シャンプー直後の毛は無臭に近いと思うが、かなり興味を持って匂っている。
奥さんは、この毛で何かを作ろうと考えている。


短くカットしてすっきり。
カットしてさっぱりマッキー
100円ショップで購入したサッカーのユニフォームを着て、ご機嫌。


ところで、最後にトリミングサロンへ行ったのが、2014年2月。
トリミングサロン(Chxxxxs)へ行った時に、同サロンで撮影してもらったのがこの写真。
トリミングサロンンでの最終カット
最初は、テディベアカットしてもらっていたが、2回目からは、ほぼサロン任せのカット。


自宅カットするようになってからは、徐々に自分好みにカットできるようになったと自画自賛??
我が家のカットの特徴は、頭と口元の2か所を膨らませたひょうたん型の頭部、この形が、愛嬌のある感じ?


プロフィール

ブルポマスター

Author:ブルポマスター
写真が変わったよん
ブルポ2世・マーブルに抱かれるブルポ3世・幼犬マッキー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード