光の饗宴

久し振りに夜の大阪へ。
目的は、「光のミュージアム」 鑑賞。

中之島の北東にあるタイムズ駐車場に停めて、徒歩3~4分で中央公会堂に到着。
今回の目的は、大阪市中央公会堂の正面をスクリーンとした 「プロジェクションマッピング」 。
大阪市中央公会堂プロジェクションマッピング
今年のテーマは、「OSAKA ART CITY 都市とはアートである」 。
1918年から2020年にかけて大阪の街の移り変わりをプロジェクションで演出。


中央公会堂の素顔は、この写真の通り。
真っ白な単一色ではなく、赤レンガとグレーのコンクリートを主体とした多色構成の建物がスクリーンとなる。
大阪市中央公会堂の素顔
この多色の地肌(建物)に補色を考慮して、複数のプロジェクションうを使って必要な部分に必要な色を付ける。
コンピュータでこれらの処理を行うのであるが、映像には大きなな動きもあり結構難しい技術といえる。

随分前にTV放送などで小規模なプロジェクションマッピングを紹介された記憶があるが、大規模なプロジェクションマッピングは、4~5年前にこの会場でを見たのが初めて。
ダイナミックなプロジェクション映像を目の前にして感動したのを今でも思い出す。


プロジェクション休演時間にお隣りの大阪市役所のイルミネーション・アーチを通るが、以前と殆ど同じ。
大阪イルミネーション
帰路は御堂筋通り。
ここのイルミネーションは、前回来た時よりも大規模で鮮やかになっていた。


スポンサーサイト
プロフィール

ブルポマスター

Author:ブルポマスター
写真が変わったよん
ブルポ2世・マーブルに抱かれるブルポ3世・幼犬マッキー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード