FC2ブログ

丹後のカニ宿

冬の寒さももう少しかな~。
というところで、例年通り丹後由良のカニ宿へ。
温泉に入った後に、お酒を飲みながらゆったりとカニ料理を食べる1泊2食の旅。


4~5日前に降った雪は、道中の最初のころは日陰に少し残っている程度だったが、目的地に近づくにつれ段々と雪深くなり、最後は一面雪景色状態。
段々と雪深く
去年の新車購入時にスタッドレスタイヤも買い換えたので、少々の積雪でも心配無し。


そうこうしている間に、旅館に到着。
このカニ宿にくるのは3回目。
駐車場~玄関は、綺麗に除雪してある。
カニ宿に到着
早めのチェックイン。
しばらく部屋でくつろいだ後に旅館内の 「湯らゆら温泉」へ。

<湯らゆら温泉> 宮津・由良川の河口、白砂青松の 「由良浜」 に面して湧いている天然の温泉。
無色透明のお湯は、空気にふれると少し緑褐色になる炭酸水素ナトリウム泉。


さ~て、いよいよお楽しみの 「かにフルコース料理」。
カニ料理1
最初は、鮮魚船盛りカニ刺し。
カニ刺し身だけでなく、プリプリ食感のカンパチや大きな甘エビ、ホタテ等貝類もあり、旬の物なので美味しい。
湯でガニは、一匹全部の身をほぐすには時間がかかるので、食べるのは後回し。


船盛を食べている間に、カニ味噌甲羅焼きと焼き蟹が食べごろに。
カニ料理2
陶板の蒸し蟹は、この旅館の名物。
カニの旨みを逃がさず水分のみを逃がす料理法なので、甘くて美味しい。
仲居さんの話では、これが楽しみでここのカニ料理を食べに来るお客も多いとのこと。

写真にはないが、次に出されたのがカニ天婦羅

鍋の出汁が沸いてきたので、カニ足を 「しゃぶしゃぶ」。
カニ料理3
続いてカニちり鍋、最後のシメは、カニ雑炊。

カニ3杯分の各種料理とあって、全部を食べきることができず、湯でがに3匹をお持ち帰り。
これ以外に、(帰ってから自分たちが食べる)お土産用の湯でがにを2匹頼んでこの日は終了。


朝食は、おかずの品数が多くて小鉢に入れられているので見た目に綺麗。
朝食
小鉢に入れられているおかずの量が意外と多くて満足感があり、ご飯をお代わり。


この2日間、マッキーは自宅近くのペットホテル 「犬の家」 に1泊。
ボクはホテルで留守番
このホテルは、その日の状況をブログで知らせてくれるので、安心して泊まらせることができるので2回続けての利用。


スポンサーサイト

鬼は外

昨日は、節分。
例年通り、家の内外に豆まき。
机の上に福豆を置くと、マッキーがおいしそうな豆だと言わんばかりに寄ってくる。

そこで、鬼のお面を豆袋の隣に置く。
鬼のお面にびくびく
怖そうなお面に、一歩さがって警戒中。
しばらくは、鬼のお面とにらめっこ。


敵(鬼のお面)が、襲ってこないと分かると・・・・・
おいしそうペロリ
福豆袋の周辺をペロペロ。


この後、豆まき開始。
昨年は、マッキーがお面をかぶって鬼役を務めた。
しかし、豆まきで逃げるはずの鬼(マッキー)が、まいた豆を食べたいので、私にまとわりついてきて、豆まきにならず。

今年も同様に、私の後を追いかけてくるので、リビングに監禁して家の内外に豆まきを実施。
回収した豆の一部をもらって、マッキーご機嫌。


翌日の散歩では、各家で昨夜まいた豆が道路のあちこちに。
マッキーは、道路に散乱した豆が気になって、気もそぞろの散歩。
夕方には、昨夜食べた豆が殆ど消化されず、ウンチの一部になって出現!


プロフィール

ブルポマスター

Author:ブルポマスター
写真が変わったよん
ブルポ2世・マーブルに抱かれるブルポ3世・幼犬マッキー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード