FC2ブログ

留守番グッズ

最近、いろいろとあって毎日のように半日~1日出かけることが多く、マッキーも長時間留守番が続いていた。

そんな時に役立つのが留守番グッズ。
歴代の3種類の留守番グッズが下の写真。
歴代の留守番グッズ
どれも内部にオヤツを入れておき、ワンコが留守番グッズの中のオヤツを食べようと、噛んだり転がしたりして、もがいている間に飼い主が出かけることになる。


第1、第2世代共に市販のゴム製で、オヤツを投入口に入れる。
留守番グッズへのオヤツ投入口
第1世代は、商品名 「 コング 」 。ひょうたん形状で、膨れたところはかなりのゴム厚。
オヤツを軽く入れるとオヤツが直ぐに飛び出すし、逆に大き目のオヤツを奥へ押し込むと取り出すのが難しくなる。
マッキーは、1年前に硬いデンターオヤツを食べ続けたことで顎を痛めたこともあり、最近は使用中止。
第2世代は、入れれるオヤツのサイズが小さくて、留守番用オヤツを多めにあげることが出来ない。


市販の留守番グッズには、一長一短あり、いろいろ考えて最近使っているのが第3世代。
ペットボトルとオヤツ
と言っても、500ccの空ペットボトル。
飲み口からオヤツを投入して使う。

待ち状態のマッキー。
オヤツを待つマッキー
この時点で、早く渡してくれ(=食べたい)と、 「 ギャーギャー 」 わめきだす。
まさに出かける直前にオヤツ入り留守番グッズ(ペットボトル)を床に置いてやると、すぐに 「 ガラガラ 」 と音を立てて転がし始める。


鼻で転がしたり、前足でパンチしたりしながら、ペットボトル内のオヤツを出して食べるという繰り返し。
留守番グッズでオヤツ・ゲット
最初は、オヤツを出すのに時間がかかっていたが、猫パンチのようにバンバン前足で連続パンチすれば簡単にオヤツが出ることを学習して、最近は簡単にオヤツを出してしまう。

このペットボトル製の留守番グッズは大容量なので、長時間に留守番させる時には、お腹が減らないようにと沢山のオヤツやドックフードを入れることが出来るので便利。

スポンサーサイト



わんにゃんドッグ

マッキー(ブルポ3世)6才。
7歳になればシニア犬、体調不良も増えてくると思われるので、ペット保険の加入も検討中。

その前に、ブルポ3世代(マーチ/マーブル/マッキー)共にお世話になっている〇△動物病院に1日入院して 「 わんにゃんドック 」 。
わんにゃんドック案内書
料金は高いものの、「 超音波検査 」 、「 X線検査 」 、 「 血液検査 」 、 「 尿検査 」 と検査項目の揃っている 「 ②しっかりコース 」へ。


この表が血液検査表で、この中の十数項目が検査対象。
わんにゃんドックの血液検査


わんにゃんドックを受けてから3日後に、全ての検査結果が判明。
・血液検査/X線検査/超音波検査については、問題なし。
・尿検査において、わずかな血液成分と結石につながる成分が見られたので、とりあえず1か月間の食事療法を行うことに。


〇△動物病院から推奨されたドッグフードは、ロイヤルカナンの療法食 PHコントロール。
療法食PHコントロール・フード
1kgのフードで2,500円、3kgで6,200円程度と、通常のドッグフードの2~3倍。
マッキーは、たくさん食べたいワンコなので、量を食べることのできるカロリーの低いライトタイプを購入。

食事療法1ヵ月後に、良い結果の出ることを祈る。




プロフィール

ブルポマスター

Author:ブルポマスター
写真が変わったよん
先代ブルポ(マーブル)に抱かれるブルポ3世(幼犬マッキー)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード