FC2ブログ

釣り&赤れんが館

またまた、舞鶴方面へ行ってきたワン。

真昼は魚の食いが悪いということで、釣り場から離れて赤れんが博物館へ。
ぼく、マッキーも抱っこバッグに入れてもらって見学。
赤れんが博物館入口
                      < 赤れんが博物館入口 >

ここは、元々は旧海軍の魚雷の格納庫として建設されたもの。
舞鶴市が国からの払い下げを受けて、平成5年に世界で初めての「赤れんが博物館」
として、転活用したとのこと。
れんがの歴史
                       < れんがの歴史 >
魚雷の格納庫
                     < 模型:魚雷の格納庫 >

れんがの歴史は古く、有史以来の 「世界各地のれんが」 が展示されていた。
また、装飾的でタイル状の 「綺麗なれんが」 もあった。
赤れんが博物館内部
                      < 赤れんが博物館内部 >


夕方の時合いも近づいてきたので、小橋漁港の方へ。

漁港付近でゆったり散歩をした後、記念撮影。
マッキー 「いつ見ても海は広くていいねぇ」
舞鶴・小橋の浜
                       < 舞鶴・小橋の浜 >


夕焼けから薄暮、短時間のあいだに刻々と変化する色合いとグラデュエーションの変化は、
何回見ても素晴らしい景色。
今回は、この時間帯に多くの当たり(魚の食いつき反応)が出た。
夕焼け~薄暮
                       < 夕焼け~薄暮 >


釣りも回数を加える毎に型が良くなる。
今回のアオリイカは、大小様々ながら胴長20cm、500gに近い良型2杯が混じった。
このクラスになると柔らかいイカ用ロッドが大きく曲がり、抜き上げるのがギリギリ、
これ以上になるとタモ網が必要となる。
この写真以外に、良型の甲イカもゲット。
大小アオリイカ
                       < 大小アオリイカ >

釣った小アジの中で少し大きめのものを選んでミリン醤油の中に漬け、味が染み込んだ
ところで一夜干。
自分達で自ら作った酒の肴として、それなりに美味しく食べた。
アジ干物の準備
                       < アジ干物の準備 >


同じ頃に、知人から土産物の干物をもらったが、やはり何か旨さが違う。
プロ並みの味を出すのは難しい。


スポンサーサイト



テーマ : 旅先での風景
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ブルポマスター

Author:ブルポマスター
写真が変わったよん
ブルポ2世・マーブルに抱かれるブルポ3世・幼犬マッキー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード