FC2ブログ

今年初アオリイカ

アオリイカ釣のため舞鶴へ。

昨年、ショア(岸辺)からのアオリイカ釣りをしたが、オフショアでのイカ釣は3~4年振り。

他ボートより出遅れて、朝6時過ぎからのエギ(疑似餌)によるアオリイカ釣り。
少し沖へ出ると前日からのウネリが残っており、ゴムボートには不利な風もあるので、
波と風の少ないA島北側の岸辺に近い所にてボート釣り開始。
A島北側


この日の潮位グラフは、下表の通り。
満潮から干潮へ掛けて潮が大きく動いている下り潮を狙う午前中の釣り。
釣行時の舞鶴潮位グラフと釣果
当りが出たのは、グラフにおける「釣果」の部分、7時半前後と10時半前後の時間帯で、
下げ3分&下げ7分にあたる。


例年の今頃に比べると、今日は水潮と濁りのせいでアオリイカの当たりが少ない。
また、いつもよく見られるエギを追ってくるイカの姿が、滅多に見れない。

底から海面近くまで万遍なく探って、何とか10杯(匹)のアオリイカをゲット。
  *(イカは、匹より杯と言うのが一般的)
今季初アオリイカ
最小のイカをリリースして持ち帰ったのは、胴長15~11cmの9杯(匹)。
釣友は、アオリイカをゲット出来ず、ガシラ中心にアコウを加えた根魚を約20匹。

他ボートの状況と言えば、ボーズ(イカ0杯)が3艇、イカ3杯が1艇と、どのボートも
アオリイカに関しては、かなり苦戦していた。


今回の釣りは、補修したゴムボートのチェックも兼ねている。
というのは、今春の釣行で、(船底をV字型に変形させ船を安定させる)エアキールの空気抜け
とボート本体の空気圧不足によるチューブの中折れ状態(凹む)が発生して安全性が低下
していた。
修理したボート
このため、自宅でボートにピンホールがない事を確認した後、エアーバルブ部分を清掃する
と共に、空気圧不足に対しは足踏みポンプで対応することにした。
結果としてボートが凹むことはなく、両対策は適切であった。
どうやら、エアーバルブのゴミや砂の付着や電動ポンプ性能低下による空気圧不足が、
エアキールの空気抜けやチューブの凹みを発生させていたらしい。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ブルポマスター

Author:ブルポマスター
写真が変わったよん
先代ブルポ(マーブル)に抱かれるブルポ3世(幼犬マッキー)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード