アゲハ幼虫の飼育2

飼育していたアゲハ蝶の幼虫が、今月初めに無事に羽化&旅立っていった。

その幼虫は、我家の温州ミカンの木の葉っぱにいた。
アゲハ蝶が好きなミカンの木(葉)
5月18日にアゲハ蝶の幼虫を捕獲し、ペットボトルを利用した自家製飼育箱で飼うことに。


餌は柑橘類の葉っぱ。
自宅のミカンの木はプランタで栽培する程度の小さな木なので飼育期間中の葉っぱを確保するのは難しく、同じ柑橘類で自宅前の街路樹のレモン(大きな木)の小枝を餌として飼育箱に入れる。
ペットボトルの中で幼虫を飼育
捕獲した時には、小さかった幼虫も3日後には、3センチ以上と随分大きくなっている。
食欲も旺盛。


5月21日には食欲がなくなり、翌22日にはサナギ化。サナギ化したアゲハ蝶の幼虫
幼虫捕獲してからサナギになるまで4日と、随分成長が早い。
サナギは、この後1週間余りで茶色に変色。


サナギ化から羽化までの時間を調べると、今の時期なら10日~14日間。
狭いペットボトルの中で羽化するのは難しく、サナギを飼育箱から出してやろうと思っていた矢先の6月2日、なんと飼育箱の中で羽化している。
ペットボトルの中で羽化
しかも、朝まではサナギだったものが、真昼のさなかに羽化。
(羽化する時間帯は、夜中~早朝が多い)幼虫捕獲してから15日、サナギになってから11日目。


羽化直後、蝶がとまったまま状態の小枝を飼育箱からそっと出し、裏庭の緑のカーテンに小枝を縛り付ける
休息する羽化直後のアゲハ蝶

3時間程は、緑のカーテンであるキュウリやゴーヤの葉っぱにとまって羽を乾かしていたが、いつの間にか旅立っていた。


さ~て、今回ブログアップした題名が 「アゲハ幼虫の飼育2」 としたが、過去に 「飼育1」 がないのにお気づき?
その理由は、後日のお楽しみ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ブルポマスター

Author:ブルポマスター
写真が変わったよん
ブルポ2世・マーブルに抱かれるブルポ3世・幼犬マッキー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード