FC2ブログ

東北ドライブ旅行3(5/1)

本日の訪問は、東北3大祭りの一つである 「 青森ねぶた 」 。


GWの最中、ほぼ満開の桜並木を楽しみながら青森市へと向かう。(地元・・京都よりも1ヵ月遅れの桜)
それにしても、北秋田に位置する男鹿半島付近から青森まで遠い。
桜満開の東北地方(秋田県北部)
かなり走り込み、県境を超えて間もなく青森を象徴する地名 「 津軽 」 が出現。

正午に 「 ねぶたの家 ワ・ラッセ 」 へ到着。
青森・ねぶたの家ワ・ラッセ
入館して早速、記念撮影用ねぶたの前で記念撮影板の穴に顔に入れて 「 パチリ 」 。
説明文を読むと、ねぶたは火祭りの一種らしい。
そういえば、十数年前に訪れた能登半島の 「 キリコ(奉燈) 」 も大きな文字が書かれた山車灯籠で、火祭りの一種だった。


ねぶたの説明&歴史写真を見て、ねぶたホールに出ると目の前に大きなねぶた(山車灯籠=人形灯籠)が数体。
何年も前からのねぶた願望が現実に!
巨大な人形灯籠は、予想以上に迫力&鮮やか、そして感動!
青森ねぶた-1
ねぶたにはテーマがあり、当ねぶたは 「 西王母の祝福 」 。
テーマは、日本や中国の歴史書などを参考に作られ、武者や歌舞伎などをかたどったものが多い。


ねぶた(山車灯籠)は、どの角度の観客も見れるようになっているので、ぐるり回って撮影。
青森ねぶた-2
正面、右側、裏面、左側、どの方向もよく出来ており、見応えある勇壮な祭りであることが想像できる。


ほどなく、演技台上に十数人のお囃子部隊が登場し、実演が始まる。
笛・太鼓・手振鉦(てぶりがね)。
青森ねぶた-お囃子(笛・太鼓・手振鉦)
間もなく、5~6人の跳人(はねと)が現れ、 お囃子に合わせて 「 ラッセラー 」 の掛け声と共に乱舞。


実演が一通り終わると、お囃子部隊が観光客に対して跳人(はねと)踊りとお囃子の指導。
観光客も青森ねぶた-お囃子に参加
老若男女・観光客の殆どがお祭り体験に参加して楽しんでいる。
折角の機会ということで、私達も踊りにお囃子(太鼓、手振鉦)の練習に参加。
手振鉦(てぶりがね)は、シンバルを極端に小さくしたような物で、仏壇のおりんとシンバルを合わせたような音がする。


ねぶたの家 ワ・ラッセで遅めの昼食をとり、もう一つのねぶたが見れる五所川原市の 「 立佞武多(たちねぷた)の館 」 へ向かう。
青森市は 「 ねぶた 」 というが、弘前や五所川原では 「 ねぷた 」 という。
青森市のねぶたの家が体育館風の平坦な建物だったのに比べ、立佞武多の館は30m以上の高い建物。
五所川原・立佞武多の館
建物の壁の一部が横移動して、そこから高さ23mの立佞武多が出現し、街を練り歩くらしい。


建物の中に入るとデカイ人形灯籠が目の前に。
五所川原・たちねぷた
下部はそれほどでもないが上方向になるに従って太くなり、例えるとソフトクリームの形状。


4階から1階までねぷたを間近で見れる観覧席がある。
真横で見るたちねぷたは、22~23m高とあって本当にデカくてビックリ。
たちねぷたを傍で見る
8月の立佞武多祭りの時には、3体のねぷたが 「 ヤッテマレ 」 の掛け声と共に街を練り歩く。
五所川原のねぷたは、明治時代にその高さの隆盛を極めていたのが、電線の普及と共に背の低いねぷたになっていたものを1996年に 「 五所川原・立佞武多(たちねぷた) 」 として90年振りに復活。
それに従い、練り歩く街路の電線は邪魔になるので地下に埋設された。


青森・ねぶた、五所川原・立佞武多に感動・堪能して、明日の観光予定の 「 奥入瀬(おいらせ)渓流 」 に一番近い 「 道の駅・奥入瀬 」 に向かう。


ナビを道の駅・奥入瀬に設定すると 「 季節道路を考慮したコースにしますか 」 という表示が出てきた。
普通のナビ設定すると途中で交通止めになったりしても困るので、かなり遠回りになるが季節道路を考慮したコースを選んでゴー。
ナビを頼りに2時間ほど走ると霧がかかってきた。
山の中を進むにつれ益々霧は深くなって、わずか10m先が見づらく、超低速走行状態になってきたが、今更引き返すわけにいかず、曲がりくねった山道を助手席のかみさんが身を乗り出すようにして前方を確認して 「 右 」 、 「 左 」 と声をかけてくれることで濃霧の山中を走り切ることができた。
道の駅・奥入瀬
ここの駐車場も広いが、車中泊の車で一杯。(写真は翌朝撮影)
ここまで走ってくれば、明日は朝一番に人気の観光地 「 奥入瀬渓流 」 へ!


今日も観光中心。
東北旅行の道のり(3日目)
土地勘は無くナビに頼らざるを得ないために、遠回りが分かっていても季節道路を考慮したコースを走らされたこと、また濃霧の低速走行ということで、走行距離は伸びなかった。
明日は、奥入瀬~龍泉洞~三陸海岸の観光予定。



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ブルポマスター

Author:ブルポマスター
写真が変わったよん
先代ブルポ(マーブル)に抱かれるブルポ3世(幼犬マッキー)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード