FC2ブログ

東北ドライブ旅行4(5/2)

今日は、自然の造形を中心とした観光で、奥入瀬(おいらせ)渓流が最初の訪問地。
岩手出身のご近所さんより、GW中の奥入瀬(おいらせ)周辺道路は、交通渋滞で観光は難しいと聞いていた。
そのため、先日夜に奥入瀬渓流の近くの 「 道の駅・奥入瀬 」 にて車中泊。

朝早く道の駅を出発して、奥入瀬渓流の石ヶ戸休憩所を目指す。
現地に6時50分到着も、既に駐車場はほぼ満車、2台分の駐車スペースが残っていたのみで、滑り込みセーフ。
奥入瀬・石ヶ戸休憩所P
休憩所横の階段を降りていくと、目の前に 「 奥入瀬渓流 」 。

奥入瀬渓流は、十和田湖北東岸の子の口(ねのくち)を源流として、14Km下流の焼山まで続く国指定の特別名勝記念物。

雨後なのに、うわさ通り蒼みがかって澄んだ水が特徴的。
奥入瀬渓流散策(1)
苔むした岩がゴロゴロとて点在しており、岩に激しくぶつかった流れが、複雑に方向を変えながら、所によってはしぶきをあげながら渦を巻いている。

渓流に沿って遊歩道が整備されているので、上流方向へ遊歩道を進む。
奥入瀬渓流散策(2)
マッキーもダイナミックな急流に見とれる。
1km余り散策して車の所へ戻る。

渓流沿いに道路があるので、次の渓流スポットを探しながら上流へ向かって走る。

数か所で車を止め、各スポットを見ながら、次のスポット・銚子大滝へ。
奥入瀬渓流散策・銚子大滝
高さ7m、幅20m、水量も結構あり迫力。

渓流散歩を楽しんだ後、次の目的地の龍泉洞へ向かうが、ここでもナビに季節道路の選択を迫られ、やむなく無難な遠回りの(季節)道路を走ることに。


十和田湖は、カルデラ湖であり、その周りは高い外輪山に囲まれている。
十和田湖畔より登る
山頂に近づくにつれ残雪も深くなり、道路際に2mに近い雪も残っている。
このように、いまだ残雪がある環境なので、昨夜の濃霧の山中ドライブも納得。


龍泉洞へ行く途中に牧場らしき風景に出くわす。
牧場風景
保存用牧草の袋詰めがあちこちに。
地図をみれば岩手県には小岩井牧場、この周辺には牧場があるのかも。


岩手県の山中を長らく走り、あと15kmで三陸海岸という所に 「 龍泉洞 」 がある。
龍泉洞・入口
到着してすぐに昼食を済まして、龍泉洞の入口へ。

鍾乳洞に入ると、狭くて上方向の空間が広がり、鍾乳石や石筍があちこちに。
よく見られる鍾乳洞の世界。
龍泉洞・通路
すぐに足元が水浸し。
そのせいか、しばらく進むと板や鉄板張りの通路が多くなる。

ここの鍾乳洞は、地底湖が多いのが特徴で、洞窟の中間点を過ぎた所に第一地底湖が現れる。
龍泉洞・地底湖1
水中ライトが投入されており、目の前で地底湖を見ることが出来る。
水深があるのに透明で深い青みが特徴のドラゴンブルーと言われている。

次に現れた第三地底湖は、何と水深98m。
透明度が高いとは言え、底まで見えるようで見えない。
龍泉洞・地底湖3
自然が造った神秘的な世界。
これ以外にも、非公開の水深120mの第4地底湖があるらしい。

これで、秋芳洞(山口県)、龍河洞(高知県)、龍泉洞(岩手県)と日本大鍾乳洞を踏破!


この日の最終訪問地は、三陸海岸の中に位置する 「 田老(たろう) 」 港。
東日本大震災の大津波で大被害を受けた港の一つ。
ここでの象徴的な津波遺構が 「 たろう観光ホテル 」 。
震災遺構・田老観光ホテル
港から100m少し離れた所にあるこのホテル。
4階まで水浸、3階は津波のエネルギーで東側の壁(写真では右側面)が破壊、1~2階は全方向の壁が破壊され骨組みの鉄筋が残っているだけと無残な姿。

過去の津波記録が数値として残されているのが 「 JFたろう製氷貯氷施設 」 の外壁。
震災遺構・津波の記録
10mのところが、昭和8年の 「 昭和三陸大津波 」 。
15mのところが、明治29年の 「 明治三陸大津波 」 。
17.3m(最上段)が、平成23年の 「 東日本大震災の大津波 」 。
東日本大震災の大津波では、この建物の軒下まで津波が届いたことになる。

田老は、昭和8年の昭和三陸大津波高さ10mを基に世界一と言われた巨大な防潮堤(高さ:10.7m、幅:2433m)を築いたが、東日本大震災の津波高さは防潮堤の2倍近くあり、絶対大丈夫と言われた巨大防潮堤を楽々と乗り越えて大被害が発生させた。


最後は、 「 SPA銭湯・ゆっこ盛岡 」 。
ゆっこ盛岡
ゆったりと温泉に入って旅の疲れを癒し、コインランドリーを利用して洗濯&ドライ。


今夜の宿泊地は、東北自動車道の紫波SA。
紫波SA
SAの正面玄関から少し離れて、トイレに近い所に停めて車内で横になっていると、ほどなく真横にディーゼル車が来て、アイドリングしたまま車中泊しようとしている。
ディーゼル車独特の 「 ドドドドー 」 の重低音と振動が身体に響いて非常に不愉快。
ディーゼル車が出す排ガスも気になるので、ディーゼル車から離れた位置へ車を移動して安眠。


今日もナビに季節道路を指定され遠回りの道路を走らされたり、3ヶ所の訪問地の位置関係で殆ど山道をジグザグに走ったものの、そこそこの距離を走ることができた。
東北旅行の道のり(4日目)
明日の最初の訪問地 「 平泉:中尊寺 」 まで、60km余り。
続いて日本三景の松島の観光船&町散策の予定。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ブルポマスター

Author:ブルポマスター
写真が変わったよん
先代ブルポ(マーブル)に抱かれるブルポ3世(幼犬マッキー)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード