FC2ブログ

東北ドライブ旅行6(5/4 完結)

東北ドライブも最終日。
毎日長距離走りながら観光もしているものの、毎日睡眠が取れているために、自宅を出発して6日目というのに疲れはそれほど感じずに元気。

早朝からの日本晴れで、宿泊した 「 道の駅・ばんだい 」 の後方には、民謡にも唄われている 「 会津磐梯山 」 がくっきりと望める。
道の駅ばんだいと会津磐梯山
 ♪ 「 会津磐梯山は宝の山よ~ 笹に黄金が・・・ 」 ♪


今朝の朝食は、ラーメン!!!
いわゆる 「 朝ラー 」 で有名な喜多方ラーメンを食べることに。
有名店に到着すると、まだ8時というのに既に何十人もの待ち行列。
次の予定もあり長蛇の列に加わることもできないので、駐車場が整っていて待ち行列の無いラーメン店 「 たんぽぽ亭 」 へ。
喜多方ラーメン・たんぽぽ亭
ここで、定番の喜多方ラーメン(¥650)とチャーシュー麺(¥950)を注文。
カツオ&煮干しに若干の豚骨が加わった醤油スープに、中太のチヂレ麺。
我家(京都)の近くの喜多方ラーメン店とよく似た味。 
食べ終わって店を出る時には、ここも待ち行列が出来ていた。


お腹を一杯にして会津若松へ戻り、鶴ヶ城見物へ向かう。
このお城は、ペット同伴ができないので、城内はあきらめて、お城の外側を1周しての見物。
鶴ヶ城@会津若松
ここも歴史上有名、特に 「 白虎隊 」 。
その一節で詠まれる詩吟 ♪ 「 南鶴ヶ城を望めば~ 砲煙あがる 」 ♪


この日最後の訪問地は、大内宿。
鶴ヶ城より40~50分の所で、すぐに到着かと思うもあと数Kmという所で、ガチガチの渋滞で車が動かない。
大内宿の観光案内所に電話をすると、既に駐車場が満杯で当分駐車場に入ることが出来そうにないとの事。
宿場町としては、中部地方の馬籠宿を訪れたこともあるので、ここでの観光は断念。
大内ダム
Uターンして、当宿場の手前にある大内ダムの駐車場で休憩することに。
5月というのに、ここも桜が満開状態。


計画していた主な観光地を訪れることが出来たので、帰路につくことに。
ナビゲーションによる最短ルートは以下の通りで、自宅までおおよそ700kmとある。
・会津若松~(磐越自動車道)~新潟~(北陸自動車道)~(名神高速道路)~京都
残雪残る東北の山々
磐越自動車道を西に向かって走っていて右手(方角は北)を見ると、5月というのに高い山々には残雪。


マッキーといえば、ドライブに慣れてリラックスしているのか、旅の疲れか 「 グースカーピー 」 。
お疲れマッキー

新潟市の手前で事故渋滞による1時間半程の時間ロスがあったものの、お昼に会津若松を出発してから約700km走って、遅めの夕食時間に自宅(京都)へ無事到着。
東北旅行の道のり(6日目)
帰路の途中にSA(サービスエリア)で寿司など食料を買って、1週間振りに自宅で夕食をとった。
走った距離は、6日間で3000km弱(2800km)。
今回は、東北6県を走破、希望していた観光地の殆どを訪れることが出来たので満足できたドライブ旅行だった。

GW中とあって、どこの道の駅もSAも車中泊と思われる車が沢山停まっていた。
車中泊に利用される道の駅といえば、駐車場が比較的大きく、トイレや自動販売機が解放されているところが殆ど。
最近、殆どの道の駅のトイレは、綺麗に清掃されており、洗面所で洗面・歯磨きするのも気にならず利用者も多い。
また、温泉や銭湯が併設されているところもある。


最後の宿泊地である道の駅・ばんだいでの車中泊の利用例を紹介。
宿泊地として道の駅利用
道の駅の買い物する人が利用する正面玄関を避けて、トイレ寄りの所に駐車することが多い。
但し、トイレに近過ぎると人の出入りが多いし、遠いと利用するのに不便なので、トイレに程よい距離に停める。
この写真では、道の駅の裏側の駐車場に停めており、写真の左方にトイレと自動販売機がある。

今回のドライブ旅行を前に買ったのが、車中泊マット2個。
2個で1~2万円とお手頃な価格で入手可能。マット内に高密度ウレタン素材が入っているので、マットを広げて大型バルブを緩めるだけで自動的に膨張し、暫く放置すると適度な硬さになるので便利。
車中泊マット
ワンボックスカーの2~3列目席を倒してフラットにしても背中に凸凹を感じるが、このマットの厚さは8cmもあるので、マットを敷くと凸凹を感じることは無く快適。
また、2枚を横方向に連結すると140cm余りのダブルベッドサイズと、車中泊としては十分な幅。
使用後は、空気を抜いて丸めて収納袋に入れてコンパクト。

起床直後の車内をパチリ。
倒した後部座席の上にマット、その上にシーツを敷いた状況。
連結した2枚のマットの横幅が、車内の幅とほぼ一緒。
車中泊(車内)
就寝時は、各自が寝袋に入って、その上から毛布を掛ける。
就寝中のマッキーは、我々の間や足元、枕元へと自由自在。
軽い荷物は、上方の収納棚(ネット)の収納してスペースの確保。
3列目の窓は黒の遮光板、2列目と後方窓は黒のカーテン、1列目(運転&助手席)との間は遮光カーテンで遮っているので、外の明るさを感じることは無く、グッスリ寝ることが出来た。

東北ドライブ旅行・完結
次の訪問先は?


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ブルポマスター

Author:ブルポマスター
写真が変わったよん
先代ブルポ(マーブル)に抱かれるブルポ3世(幼犬マッキー)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード