FC2ブログ

海難事故と船釣り

海難事故で10人以上が、今も行方不明になったまま。
気の毒に・・・・・
その多くの人が、キャビンに入っていたとか。

10年以上前、遊漁船にはよく乗ったが、キャビンを敬遠することが多かった。
キャビンが特に危険というわけではないが、閉じ込められた空間に入るのに抵抗があった。
閉所恐怖症気味だったこともあるが、転覆したらどうなるんだろうという思いが強かった・・・・・


ところで、今月4日に舞鶴にてボートを出したが、短時間で帰港した話。

当日夜中に港に着いた時はナギだったが、仮眠している間に強い南風が吹き、波立ってきた。
少し様子見て風が弱まってきたところを出船、低速航行で前回好釣したポイントへなんとか到着。
天気予報がはずれて風波が立っているので、とりあえず私は操船に専念し、相棒のみ釣を開始。

穏やかな海も風が吹けば・・・

前回同様に仕掛けを入れて直ぐに相棒の竿が海中に舞い込み、5本針にアジとマサバが鈴なり。
しかし、魚を取り込んでいる間にボートが風によって沖合い方向へ流されるため、風波に逆らって潮水をかぶりながら元のポイントへ戻るのに苦労する。
相棒の第一投からみてこの本命ポイントで竿を出せば、魚が釣れるのは分かっているが、この状況でこの釣場で釣りをするのは危険が伴うと判断し早帰りした。

結局、私は残念ながら本命ポイントで竿を出さず(釣をせず)に帰った。
しかし、今回の海難事故のニュースを見て、魚を釣ることはできなかったものの安全優先の判断が正解だったと自分自身に言い聞かせている。
この気持ちを何時も持ち続けたい。
スポンサーサイト



テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ブルポマスター

Author:ブルポマスター
写真が変わったよん
ブルポ2世・マーブルに抱かれるブルポ3世・幼犬マッキー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード